本校の特徴 | 筑波総合福祉専門学校
HOME > 本校の特徴

介護福祉士の国家試験受験資格が得られます

筑波総合福祉専門学校は、厚生労働省指定校となっています。
ですから、 厚生労働大臣の指定する養成施設(本校)を修了した生徒は、 卒業時に介護福祉士の国家試験受験資格が得られる仕組みになっています。
介護福祉士は、昭和62年(1987年)に法整備により新しく誕生した社会福祉の国家資格です。 社会福祉士および介護福祉士法の規定に基づいた資格で、身体的、精神的な障害により日常生活行動、 たとえば入浴、食事、排泄などの行動に支障のある人に対して介護し、 自立した人間としての尊厳を持った生活を送るための支援を行うことに優れた能力を有する者の国家資格です。

介護福祉士(国家資格)への道

介護福祉士の国家資格ですが、当面(5年間限定)卒業と同時に取得できます。
介護福祉士養成校は5年間の期間限定で卒業と同時に介護福祉士の国家資格が取得できます。限定解除を得るためには5年間の間に国家試験に合格することとなりました。当然本校では卒業と同時の資格取得だけではなく、『国家試験合格』できるよう対応しております。
実務経験ルートは平成28年度(平成29年の国家試験)からは実務経験だけでは国家試験の受験ができなくなり、 養成機関で6ヶ月以上の教育を受けなければ受験資格も得られなくなります。 国家試験の受験資格の取得、対策を行う上でも養成機関で教育を受け、対応するのが望ましいのではないでしょうか。