医療福祉学科 | 筑波総合福祉専門学校
HOME > 医療福祉学科

医療福祉学科について

メディカルスタッフの一員として、医師や看護師とともに医療機関に携わる医療事務、医療秘書のスペシャリストの育成を行っています。
高度な専門知識と確実な技能、高い倫理性と、いかなる変化にも対応できる力を身につけるとともに、疾病や心身障害などに悩む患者やその家族に対しても、あらゆる角度から相談に応じることのできる人材の育成を目指します。

取得目標資格

メディカルクラーク(医科・歯科)
医事業務管理士
医療秘書検定
ケアクラーク
秘書実務技能検定
ビジネス文書実務技能検定
訪問介護員 など

就職分野

大学病院
総合病院
一般病院
診療所
クリニック
歯科医院
調剤薬局
医療関係機関および研究所 など

授業風景

一般教室での授業風景。窓が大きいので、日の光もいっぱい入ってきて気持ちよく勉強できます。

コンピュータ実習の風景。ワード、エクセル、レセコンなど一通りのコンピュータ操作をマスターしていきます。

卒業生の声

医療福祉学科卒業 桜井 菜緒子さん

授業で得た知識や接遇が実習で活かせた

入学当初は不安な気持ちでいっぱいでしたが、友達との出会いや明るい雰囲気の中での授業で不安は解消されました。また、先生方のご指導で色々な資格も取得する事ができ充実した学生生活をおくることができました。
病院実習では、普段の授業では伝えられない生の現場を見ることができるので大変勉強になります。また授業で教わった医療の知識や接遇などがとても役に立ちました。
医療福祉学科は医療事務検定の他、介護技術の授業もあるので、将来色々な方向に進めると思います。

医療福祉学科卒業 小久保 仁美さん

目標を持って学ぼうとする姿勢が大事

二年間はあっという間でした。今までの学校生活の中で、一番早く感じられます。
専門学校では自主性が求められ、目標をもって自分から学ぼうとする姿勢が大事だと思いました。秘書や心理学、薬理学や医学などの授業を通して、医療従事者としての基本的な知識を養うことができました。そして、目標である医療事務、医療秘書の資格を取得し、夢への第一歩を踏み出したところです。
学校で学んだことを活かしながら仕事に励み、さらに医療についての知識を増やしていきたいと思います。専門学校で得たものは、知識や資格のほかに同じ目標を持つ友達です。普段の生活や学校外での交流により、仲を深めることができました。うれしいことや困難なことをともに乗り越えられたからこそ、お互いに理解が深まったと感じます。充実した二年間を送ることができ、満足しています。


オープンキャンパスに参加しませんか?
介護福祉士実務者研修コース募集開始!
最新版パンフレット無料でお届けします。
筑波総合福祉のBlogへ
ベスト進学ネット
セディナ学費ローンについて